マイナンバー制度、チャットレディにはどんな影響がある?

▼マイナンバーで納税しなくてはならない?

chatlady_ws14

マイナンバー制度の導入によって、税金の徴収は以前よりもかなりスムーズになり、明確になります。誰がどのくらい働いていて、どのくらいの税を納めなくてはならないか、ということがよりわかりやすくなりますから、以前よりもお金の動きがスムーズになるわけです。

そんなマイナンバー制度がチャットレディにどんな影響があるかと言えば、その納税の変化にあります。ざっくりと言ってしまうと、「今までのようにこっそり税を納めない」ということが難しくなったわけです。

国としては、別に納税しない人を摘発するためにこのような施策を始めたわけではありません。ですが、システムの構造的に、納税をきちんと行わなければそれは検知されやすくなったことは確かです。基本的に、副業であっても20万円以上稼げば控除がされますし、扶養を外れる額まで稼げば確定申告も行わなくてはなりません。

▼納税していればむしろプラスが多い

もちろん、冷静に考えればこれは良い変化です。税金をきちんと払っていた人にとっては、税の計算がよりスムーズで、わかりやすくなるわけです。副業としてチャットレディをしていた人には本業の収入もあり、納税額が混同しがちで、整理しづらいわけです。それがマイナンバーによって統合された情報として整理されるわけですから、これまでの面倒なプロセスがいくらか削減されます。

▼ある意味これが一番の変化!?

また、ちょっとした心配としてあるのが、周囲に内緒でチャットレディをしていることが、マイナンバー制度の導入によってバレるのではないか?という懸念です。実際には、税額がまとめて記載されるだけですから内容を見ても仕事内容までは特定できませんし、ナンバーを教えなければ見られることもありません。

「どのくらい稼いでいるか」ということは気づかれるかもしれませんが、「何で稼いでいるか」というところは気づかれません。会社の名前は記載されているかもしれませんが、それがチャットレディの業者だと初見でわかる人はいないはずです。主人やご両親などに知られたくないのであれば、納税と違い上手にごまかせば気づかれることはないでしょう。

マイナンバーに限らず、新しい制度が導入されると既得権への心配から若干神経質になる人もいるかと思いますが、この制度に限って言えばチャットレディの業務にそれほど大きな支障をきたすことはないかと思います。きちんと税金を払い、内緒にしたいなら極力納税額は秘密にすれば、これまで通りの日々が送れるはずです。

※本記事は2015年11月時点での情報であり推測等も含みます