OLの副業でチャットレディしていることが会社にばれるケースで多いもの

▼もしもあなたの住民税だけ桁違いだったら・・・

chatlady_ws35

さすがに、会社の同僚や上司の前でチャットレディをしていることをぽろっと漏らしてしまうというパターンはないでしょうが、それでもチャットレディでの収入が会社にばれてしまうケースというのは存在します。一般的な企業は副業を禁止していますから、その時点で首になることすらあります。
では、どのようにしてばれてしまうのかというと、それは税収のシステムによって露見してしまうのです。
チャットレディでの収入は「雑所得」と呼ばれるものに含まれるのですが、この所得からは住民税と所得税の両方が引かれます。この際に住民税の金額は年収によって決定されるのですが、この年収に会社での稼ぎもプラスされるわけです。
つまり、副業をしている人の住民税だけが上がってしまい、その報告を税務署から受けた会社が「?」と思うわけです。その人の税金だけ上がってしまっているわけですから、会社のお給料以外に収入が無ければおかしい、ということになってしまうわけです。チャットレディの稼ぎによっては住民税が段違いに上がる場合もありますから、どんな上司でも副収入の可能性を考えてしまうというわけです。

▼徴収方法を変えるだけでオーケー

では、会社勤めのOLが副業としてチャットレディをすることはできないのか、と言えばそんなことはありません。きちんとした手続きを行えば、副業の稼ぎの分の住民税だけは自分で別個に支払うことが可能になるのです。
OLの方の場合、会社があらかじめ税を天引きしてくれますから、この辺りの手続きに疎い人も多いでしょう。具体的な手続きとしては、確定申告の段階で、徴収方法の選択欄で「普通徴収」をチェックすればオーケーです。これによって、チャットレディでの収入分は自分で住民税を納めなくてはならなくなりますが、会社にはばれにくくなります。

とはいえ、会社の規則に反したことをしていることに変わりはありませんから、ばれないように大金を稼げると言っても、収入(というか負担)はほどほどに抑えましょう。また、納税上はこれで問題がなくても、あなたの言動に大きな変化があればさすがにばれてしまったりもするかもしれません。会社の近くの店舗で仕事をして、その帰りにうっかり、なんてことになったのではせっかくの納税対策も台無しです。あまり遅くまで働きすぎれば、本職に支障が出たりする場合もあるかもしれません。あくまでも本業を大事にして、でもちょっとした臨時収入を稼ぎたい、そんな気持ちで取り組むのが一番無難かもしれません。