友達、知り合いにチャットレディの仕事内容がばれるケースで多いもの

▼ゼロにはできない「バレる」リスク

一口に「友達」「知り合い」と言っても色々ですが、接客業と呼ばれる仕事に区分されている以上、自分の身分が露見するリスクというのは相応に負っています。これは何もチャットレディに限った話ではなくて、キャバクラ嬢などにも当てはまることです。自分が知っている人、あるいは自分を知っている人がお客様として画面の前に現れる可能性は決してゼロではないのです。仮にそういう人が来なかったとしても、所謂「友達の友達」がゲストとして現れ、それが遠因となる可能性もあり得ます。
メイクや化粧などを普段と変えていなければ、知人が画面に現れただけでもばれてしまいますし、自宅を使用している場合、背景などから類推されてしまうこともありますから、本当に気を付けなくてはなりません。
いわゆる「顔出し」をNGにすればリスクは減らすますが、その分お給料が減ってしまいもします。単に時給が下がるのももちろんですが、顔を出した方が男性の人気も上がりやすいですから、その点でもネックになります。また、相手が自分に近い人であれば、声や会話の内容・口癖などによってバレてしまう可能性もゼロではありません。
女性の間では「稼げる副業」として人気のあるチャットレディですが、人気があるということは、その反面利用する男性が多いということになります。ですから、そのあたりは本当に気を付けながら働かなくてはいけないでしょう。

▼仕事の間は「別の女」になる
chatlady_ws34

先ほども言ったように、チャットレディは顔や姿を見せなくすると時給が下がってしまいます。ですから、できることなら「顔を見せてもバレないようにする」が理想的です。また、相手を自分が知らなくても、相手が自分を知っている場合もありますから油断は禁物です。
本当にばれたくないのであれば、まずはメイクや服装などを変えることが重要です。普段と同じ服を着ないようにして、できればコスプレ衣装などにチャレンジするのも良いでしょう。お化粧も普段とは毛色の違うものにして、髪型もウィッグなどで変えるのがオススメです。余裕があれば口調や声色などを変えるのもいいでしょう。
部屋の背景などが見えないようにするのも重要ですが、可能であるなら住み込み可能な業者にするなどするのもおすすめです。それでなかったとしても、通いで、ブースでチャットができる業者を選ぶのが理想的です。在宅でもできる仕事ですが、こうする方が仕事をする時間も確保しやすくなります。こういった工夫をいくつも凝らすことで、バレるリスクを抑えつつ、収入もキープするのが理想的だと言えるでしょう。