チャットレディ業者の個人情報管理は大丈夫?

事務所の個人情報の管理については、何も心配ありません。当たり前ですが個人情報が漏れたらその会社の信用に関わります。信用をなくしたらチャットレディが入って来なくなってしまうのはもちろん、お客さんも離れていってしまいます。なので、チャットレディのためとかお客さんのためというのももちろんですが、何より自社の利益のために、事務所も個人情報はしっかりと管理してくれます。

chatlady_ws57

最初の登録の段階で、大抵顔写真つきの身分証を提示することになります。そのため、自分の身分を一切明かさずにチャットレディとしてのお仕事をスタートするということは出来ません。もしかしたら、中には身分証を求めないような事務所もあるかも知れませんが、そのような事務所は危ないので、関わらない方がいいでしょう。

事務所がなぜこのように身分証でしっかりその身分を確認するかというと、18歳以上でなければ雇ってはいけないからです。逆に言うと、こうした確認をしっかりしない会社というのは他の場所でも不正を働いている可能性があるので、いくら自分が身分を隠したいからと言っても、そのような身分証の提示を求めない会社で働くのは、やめた方がいいのです。

なお、給与明細などでライブチャットで働いていることがわからないようにする工夫、いわゆるアリバイ対策はしっかりとしてくれます。その為、確定申告などでそうした書類を役所の窓口に提出する時も、チャットレディであるということはわかりません。そうした意味でも、個人情報を周りに知られなくていいように、事務所の方は配慮してくれます。

その他のチャットレディの個人情報としては、やはり顔出しが挙げられます。顔出しはある意味、最大の個人情報ということが出来るかも知れません。しかし、これについても顔出しせずにチャットレディとしてやっていくことは可能です。ノンアダルトの場合、顔出しNGでお客さんがつくことは少ないですが、アダルトであれば顔出しNGでもお客さんは十分つきます。アダルトのサービスや会話さえしっかりしていればいいからです。

なので、顔出しの件についても、面接の際の身分証の提示についても、給与明細などのアリバイ対策についても、全ての面において、事務所の個人情報の管理は問題ないと言っていいでしょう。安心してお仕事をしていただければと思います。