チャットレディが持っておくと便利なウィッグ特集

▼使ってみると結構別人に

chatlady_ws33

チャットレディが持っていると役に立つ道具としてウィッグが挙げられます。簡単に言えばつけ毛のことで、いつもの自分とは違う髪型を簡単に作ることができます。このウィッグ、別になくても仕事ができないというわけではありませんが、大抵の人は周囲に内緒にしてこの仕事に取り組むので、バレないようにするための保険の意味でも使う人は多いようです。また、普段とは違う自分を作ることで、画面の前で大胆にふるまえるという女性もいることでしょう。

印象づくりとプライバシーの保証を同時に、しかも簡単に行えるわけですから、長く取り組む上では頼もしい道具だと言えるでしょう。チャットの間は、普段の自分とはかけ離れたイメージの自分を演じたり、普段は絶対言わないような言葉や口調を使う必要がある場面もあるでしょうから、「使えば絶対にバレない」という安心感を持つことはとても大切なのです。

使ったことが無い人にはいまいちイメージしづらいかもしれませんが、ウィッグを使うと思いのほかイメージが変わるものです。髪の毛が変わるだけで顔が変わるわけではないから、別人に見えるほど劇的な効果は期待できないのでは?と思うかもしれません。しかし使ってみると印象はガラリと変わりますから、よくみなければわからない程度に自分を変えることは、ウィッグだけでも可能なのです。

▼使い過ぎは却ってイメージダウン・・・

もちろん、単に自分の身分を隠すだけがウィッグの目的ではありません。チャットレディーは男性を楽しませて給料をもらう仕事ですから、その髪型も男ウケの良いモノにする必要があるでしょう。ウィッグ自体は、自分自身を華やかでセクシーな印象にしてくれますから、使うことで男性の支持が上がるということは十分にあり得るでしょう。ただし、気を付けなくてはならないのは、印象を良くしようとし過ぎてウィッグを使いすぎてしまうということです。メイクで言うところの厚化粧のようなものが、ウィッグにもあると言えるでしょう。

多少のウィッグであれば男性も気づきませんし、仮に気づいたとしても見栄えが良ければむしろ好印象になるかもしれません。ですが、一部の男性にはそれを不自然なものとしてとらえる人もいますし、使いすぎれば却って相手の印象を損ねてしまう可能性もあるかもしれません。男性からの人気がものを言う職種という性質がありますから、相手に相手に悪印象を持たれないように、ほどほどにウィッグを使うのが大切だと言えるでしょう。

上手に使えば身バレを防ぎ、男性の印象アップも狙えるウィッグ。多すぎず少なすぎずのさじ加減をきちんと覚えて、仕事のスキルアップアイテムとして活用していけるといいですね。