チャットレディの仕事を始めて後悔する可能性があること

▼どこにでもいるアンチマナーな顧客が後悔の障害

chatlady_ws23

ウリにするのが「自分自身の魅力」である以上、チャットレディをする上ではそれ独特の悩みがつきものです。ちょっと売れたアイドルでもすぐに週刊誌に私生活を取り上げられたりします。チャットレディはそれに比べれば知名度が低いですから、そこまでの経験をすることはありませんが、それと似たような体験をして、始めたことを後悔してしまう女性がいるのも現実です。
よくあるのは、ノンアダルトに登録したにも関わらずアダルト的な仕事をしてしまった、というものです。要するにゲストの男性側にアンチマナーな人が多いために起きるトラブルですが、ノンアダルトであるにも関わらず「脱ぎ」を要求されたり卑猥な質問や会話ばかりされたりして、精神的にまいってしまったという方も多数います。
また、アダルトかどうかを問わずにあるのは、レディとの「出会い」を要求してくる男性です。連絡先はもちろんのこと、住所や本名と言った個人情報を執拗に聞いてくる悪質な顧客というのは残念ながら存在しています。慎重に業者を選ぶことによってそれらを回避することはできますが、現実的には「どこのサイトにも必ずいる人」というのが実情でしょう。また、「そういう要求は断れば大丈夫」と言う指導を受けたとしても、実際の接客でそれができるかどうかは別問題です。女性の中には拒否することが苦手な人もいますし、そういう男性に強く迫られれば折れてしまう場合もあるでしょう。ルックスや話術に一定のスキルが求められるこの仕事ですが、こういった性格的な芯の強さが求められる仕事でもあるのです。

▼何も正直に答える必要はない

この手の問題で難しいのが、あまりにも拒否してしまうと、「つまらない女」「ノリの悪いヤツ」という印象を男性に与えてしまい、会話が続かなくなってしまうということです。通話を切られれば時給は発生しなくなってしますから、初心者にとっては気になる部分です。鋭い男性はそこに巧みに付け入って、無茶な要求を重ねてきます。そうなってしまえば、仕事の時間は苦痛となってしまうでしょう。個人情報を知られてしまえば、それは「後悔」というレベルでは済まない大問題に発展する可能性すらあります。拒否するだけの胆力を身につけるのはもちろんのこと、虚偽の情報やあいまいな情報を与えて、そういう顧客を上手にいなすのも技術として重要です。その場は一旦それで丸くおさめて、後日業者の社員に相談するなど、機転を利かせる必要があります。チャットレディに「正直に本当のことを言わなくてはならない」というルールはありませんから、そこは柔軟な対応を心がけましょう。