通勤チャットレディの仕事内容、メリットとデメリット【面倒臭くても通う価値あり!?】

通勤チャットレディとして働くメリットは、何も準備をしなくていい、ということです。ライブチャットに必要なアイテムは、パソコン、ネット、ウェブカメラ、マイクなどですが、これらを全て、最高品質のもので用意してもらえるというのが、通勤チャットレディのメリットです。

chatlady_ws30

そして、家族と同居している場合でも出来るというのも大きなメリットです。これを理由に通勤チャットレディを選ぶ女性が多いです。ライブチャットというのはタイピングだけでも出来ますが、やはり会話をした方が売上を上げることが出来るので、どうしても声を出して会話することになるのです。なので、家族がいるとやはりやりにくいわけです。

この点、通勤であれば専門のブースで完全に一人の世界ですることが出来るため、自宅でする時よりも開放的な気分でライブチャットをすることが出来ます。この点も大きなメリットです。もし家族がいない一人暮らしの女性であっても、やはり隣の人に声が聴こえるのではなどと想うと、100%開放的な気分でライブチャットをするのは難しいでしょう。

しかし、通勤型であればそうした気分をフルに開放することが出来るため、よりアクティブなパフォーマンスが出来ます。これにより、さらに売上が伸びることも多いので、出勤型にはそのようなメリットもあると言えるでしょう。

反面、デメリットとしては「通勤しなくてはいけない」ということが挙げられます。つまり、出勤の時間があるということです。もっとも、これも時間を決められているわけではありませんし、例えば雨が降っていて、やっぱり今日はいきたくないや、となったらキャンセルしてもいいのです。なので、時間がかかるというだけで、行きたくなければ行かなくていいということですから、デメリットにはならないかも知れません。

通勤型の場合、ある程度その地方の都市にブースが用意されていることが多いです。これはもちろん、チャットレディの通勤のしやすさを考えてのことです。そのような都市にあるということは、チャットレディの女性が好きであろう買い物なども帰りにしやすいということであり、そうした買い物にいくついでに、その日の買い物の軍資金を、そのチャットで稼ぎ、日払いでお給料をもらってくる、という感覚でいいのではないでしょうか。

要は、通勤チャットレディにはメリットこそあれ、デメリットはほとんどない、ということが出来るでしょう。多くの方におすすめのスタイルです。