チャットレディの仕事内容と所得税に関して

チャットレディの報酬も、当然所得税が加算されます。これについては、会社の側で最初から源泉徴収をしてくれていることもありますし、そうでない場合もあります。源泉徴収をしてもらっている場合、年度末の確定申告でいくらか返ってくるので、確定申告は自分でしっかりするようにしましょう。稼ぎの大きい人になると、これだけでも大分金額が違ってきます。

chatlady_ws36

源泉徴収がない会社の倍は、管理を自分でしっかりする必要がありますが、こうした会社は少ないですし、そもそもいずれにしても確定申告はするのですから、これも特に問題はないでしょう。

税金の割合については、こうしたサービス業だから高くなるということはなく、普通の職業と同じ所得税率です。ただし、累進課税制度は当然導入されているので、稼ぎまくっているチャットレディの場合は、税率が高くなります。中には月収100万円や月収300万円という強者もいますが、300万円のレベルになると、半分は税金で取られる、と考えておいた方がいいでしょう。(実際に半分なわけではないですが、そのくらいの感覚でいた方が、来年税金を払う時に安心です)

このように沢山稼ぐ方の場合重要なポイントは、「税金は翌年払う」といことです。つまり、今年稼ぎまくった分の税金は来年払うということなのです。例えば年収2000万を稼いだ場合、その所得税分として、来年1000万は残しておく必要があります。(実際にはもっと少ないですが、そのくらい残すつもりでないと、多くの人は別のことで使ってしまいます)

ここまでの話になると、チャットレディの話というより、お金持ちの資産管理の話になるわけですが、いずれにしても、所得税について心配することがあるとすれば、このように「稼ぎまくった場合の管理」ということだけなのです。あとは普通の会社の勤務やアルバイトと同じように、源泉徴収をしてくれることがほとんどなわけですから、何も神経を使う必要はありません。

また、気になる会社の名義ですが、ライブチャットの会社であることがわからないような、真面目な会社名で手続きをしてくれることも多いです。そのため、そうした書類を確定申告などで提出する際も、恥ずかしいということはありません。なので、ライブチャットのお仕事について、所得税で心配するようなことはほとんどないと考えて、気楽にはじめていただければいいかと思います。